IntelがIFA 2014で示した“Core M”と“その先にあるMobile”

Core iシリーズとCore Mのそれぞれがターゲットとするラインアップ。タッチ対応のノートPCや2in1タブレットなどでオーバーラップしている(写真=左)。“Broadwell-Y”ことCore Mは、14ナノメートルプロセスルールに対応する。14ナノメートルプロセスルールは今後順次Core iシリーズで展開していき、2015年前半には対応製品が登場する予定だ(写真=右)

Core iシリーズとCore Mのそれぞれがターゲットとするラインアップ。タッチ対応のノートPCや2in1タブレットなどでオーバーラップしている(写真=左)。“Broadwell-Y”ことCore Mは、14ナノメートルプロセスルールに対応する。14ナノメートルプロセスルールは今後順次Core iシリーズで展開していき、2015年前半には対応製品が登場する予定だ(写真=右)