龍虎相打つ――「国盗り頭脳バトル 信長の野望」

序章「甲斐の虎、立つ」。武田信玄は、暴政を布き民心を失った父・信虎を追放すると自ら当主の座に就く

序章「甲斐の虎、立つ」。武田信玄は、暴政を布き民心を失った父・信虎を追放すると自ら当主の座に就く