小さくて軽いボディにミドルクラスの機能と操作性――「OM-D E-M10 Mark II」を試す

左が1973年発売のM-1(途中からOM-1という名前に変更された)の電源スイッチ。右がE-M10 Mark IIの電源スイッチ。意匠を似せたのが分かると思う。電源スイッチをさらに奥へひねると内蔵フラッシュがポップアップする

左が1973年発売のM-1(途中からOM-1という名前に変更された)の電源スイッチ。右がE-M10 Mark IIの電源スイッチ。意匠を似せたのが分かると思う。電源スイッチをさらに奥へひねると内蔵フラッシュがポップアップする