正式リリース日が決まったWindows 10。その仮想化機能「Hyper-V」とは?

新しいチェックポイント機能
Windows 10のHyper-Vでは運用チェックポイントと標準チェックポイントの2種類がある。運用チェックポイントはVSSの機能を使ったディスクのバックアップ機能、標準チェックポイントは従来のHyper-Vのチェックポイント機能のことである。運用チェックポイントでは、VSSによって整合性のあるディスクテータを取得する一方で、仮想マシンが実行中であってもCPUやメモリの内容は保存されない。次回は電源断の状態から起動することになる。
  (1)仮想マシンのチェックポイント機能を設定するにはこれを選択する。
  (2)チェックポイント機能を有効にするにはこれをオンにする。
  (3)デフォルトでは運用チェックポイントが選択されている。
  (4)VSSがサポートされていないなど、運用チェックポイントを作成できない場合は標準チェックポイントにフォールバックする。
  (5)これを選択すると、従来と同じチェックポイントが作成される。

新しいチェックポイント機能Windows 10のHyper-Vでは運用チェックポイントと標準チェックポイントの2種類がある。運用チェックポイントはVSSの機能を使ったディスクのバックアップ機能、標準チェックポイントは従来のHyper-Vのチェックポイント機能のことである。運用チェックポイントでは、VSSによって整合性のあるディスクテータを取得する一方で、仮想マシンが実行中であってもCPUやメモリの内容は保存されない。次回は電源断の状態から起動することになる。  (1)仮想マシンのチェックポイント機能を設定するにはこれを選択する。  (2)チェックポイント機能を有効にするにはこれをオンにする。  (3)デフォルトでは運用チェックポイントが選択されている。  (4)VSSがサポートされていないなど、運用チェックポイントを作成できない場合は標準チェックポイントにフォールバックする。  (5)これを選択すると、従来と同じチェックポイントが作成される。